買う

「とらや」がお菓子を詰めた限定トートバッグ 期間限定で

11月中旬まで販売する「限定トートバッグ詰合せ」には京都限定の商品なども入れる

11月中旬まで販売する「限定トートバッグ詰合せ」には京都限定の商品なども入れる

  • 263

  •  

 老舗和菓子店「とらや」赤坂店(港区赤坂4、TEL 03-3408-2331)が10月14日、限定商品の先行販売を始めた。

11月下旬から販売する同バックには2021年の干支「丑」を描いたかわいらしい商品も詰める

 今回用意した「限定トートバッグ詰合せ」(3,990円、税別)は、とらやならではの商品をオリジナルのトートバックに詰め合わせたもの。時期ごとに中身を変えて販売する。21日には一部を除いた全店で販売を開始する。

[広告]

 同商品に付属する帆布製のトートバックの大きさは縦19センチ×横33センチ×幅15センチ。重いようかんや弁当箱などを入れても持ちやすいよう、丈夫で大きめに仕立てた。自立することにもこだわったというバッグには、使いやすさを考えボタンとポケットも付けた。絵柄は江戸時代後期に作られた、ひな菓子を入れる重箱である雛井籠(ひなせいろう)に描かれた金蒔絵の「躍動する虎」を採用した。

 とらや広報担当の神田奈緒さんは「エコバッグの需要が高まる中、近所へのお出掛けやお買い物、通勤のサブバッグなどに好適なバッグをご提供したいと思った。また、小分けの菓子をバックに詰め合わせることで、外出した際、お菓子でほっと一息つく時間をもっていただけたらとの思いも込めて今回の商品を企画した」と話す。

 11月下旬まで販売するセットには、小形ようかんの小倉「夜の梅」、黒砂糖の「おもかげ」、抹茶の「新緑」、空港限定の「空の旅」、京都限定の「黒豆黄粉」と「白味噌」を各1本入れる。ほかにも新栗、砂糖、寒天のみで仕上げた季節の練り菓子「栗ごよみ」が3個と、小豆を炊くときに出る「しぶ」の栄養分をそのままに飲みやすく抽出した無糖の「あずき茶」を1本入れる。

 11月下旬~2021(令和3)年の1月中旬まで販売するセットには、来年の干支(えと)「丑(うし)」を描いた「干支パッケージ 小形ようかん」が6本付くほか、白あんを使った季節の練り菓子「柚子ごよみ」3個と、「あずき茶」が1本付く。

 神田さんは「携帯に便利な大きさでさまざまな味が楽しめる小形ようかんや、旬の素材を使った季節の練り菓子など、食べやすい小分けのお菓子を中心に詰め合わせた。ご自身用だけでなく、カジュアルギフトとしてもお薦め。トートバッグにはマチがあり、持ち歩く時も中身が安定するので、さまざまな場面でご利用いただけたらうれしい。年明けには小形ようかんの『ラムレーズン』を入れたセットや、春向けの商品を詰め合わせたものもご用意するので、そちらも楽しみにしてほしい」と話す。

 営業時間は9時~19時(土曜・日曜・祝日=9時30分~18時)。定休日は12月を除く毎月6日。各セットとも数量限定。準備数に達し次第終了。2021年1月中旬まで。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?