食べる

プリンスギャラリー紀尾井町で「ハロウィーンスイーツ」 合言葉でクッキー進呈企画も

抹茶のマカロンなども載せて提供する2人用の「スイーツプレート」

抹茶のマカロンなども載せて提供する2人用の「スイーツプレート」

  • 2

  •  

 ハロウィーン向けアフタヌーンティーを現在、紀尾井町のホテル「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」(千代田区紀尾井町1、TEL 03-3234-1111)で提供している。

4種類のメニューを盛り込んだ「セイボリープレート」

 期間限定で提供する「蝶が舞うギャラリーアフタヌーンティー Halloween 2020」(4,800円)は、魔女が眠る森をイメージした秋の新作。昼間は「All-Day Dining OASIS GARDEN」、夜は「Sky Gallery Lounge Levita」で提供する。

[広告]

 同商品のメインとなるスイーツプレートは、魔女が眠る傍らで何かがうごめく気配がする森をイメージしたもの。霧のように煙が広がるプレートには、クモの巣をイメージした「紫芋モンブラン」や「チョコレートBooラウニー」、「レアチーズのアイボール」などを並べる。デザートプレートは、魔女が作った媚薬(びやく)をイメージしたというキノコ形のラズベリームースとカヌレを入れた「ハロウィンマッシュルーム」を用意する。

 セイボリープレートには、「タマゴサラダとハムのブラックバーガー」「かぼちゃのムース、コンソメジュレ」「スパイシーシュリンプとリゾーニのサラダ」「生ハムとチェリーモッツアレラのボンボン」を載せる。スコーンは、プレーンと「カボチャとクランベリー」の2種類に、ミックスベリージャムとキャラメルクリームが付く。

 ほかにも、スタッフにハロウィーンならではの合言葉「Trick or Treat」を伝えた客には、プレートに載せたカボチャやおばけ形のクッキーを用意し、好みのものを1つ選ぶことができる企画も用意。ドリンクは、約15種類の紅茶やコーヒーがフリーフローとなる。新型コロナウイルス感染拡大防止策として、店内の席数を減らすほか、テーブルごとにアルコールの消毒スプレーを用意するなど、さまざまな対策を行う。

 同ホテル広報担当の高木聖香さんは「今年は例年と異なる状況なので、当ホテルでは衛生・消毒基準『Prince Safety Commitment(プリンス セーフティー コミットメント)』に基づき、お客さまに快適にお過ごしいただけるよう、安全で清潔な環境をご用意している。ハロウィーンアフタヌーンティーは、パティシエが趣向を凝らした魔女の気配を感じるようなミステリアスな雰囲気のものをご用意した。ぜひ安心して楽しいハロウィーンのひとときをお楽しみいただきたい」と話す。

 「All-Day Dining OASIS GARDEN」での提供時間は11時30分、14時30分。「Sky Gallery Lounge Levita」での提供時間は18時、18時30分。各回とも2時間制。予約は2人から。2日前までに要予約。サービス料別途。10月30日まで。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?