食べる

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町で東京ブランドの食材使った懐石コース

同コースに盛り込む「島寿司」、マグロ、トロタク

同コースに盛り込む「島寿司」、マグロ、トロタク

  • 2

  •  

 東京にゆかりのある食材を使った懐石コースを現在、「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」(千代田区紀尾井町1、TEL 03-3234-1136)の「WASHOKU 蒼天 SOUTEN」が提供している。

東京の夜景が望める同店のエントランス

 今回用意する「Tokyo Kaiseki」(2万円)は、都内のプリンスホテル10カ所で展開する東京都民応援企画「I LOVE TOKYO」の一環として同ホテルが考案した夜限定の懐石。前菜からデザートまで、全てに東京ブランドの野菜や肉などの食材を用いて仕上げる。

[広告]

 同ホテル広報担当の高木聖香さんは「なかなか遠くへ出掛けられない今年の夏、東京に居ながらあらためて東京の魅力に触れていただきたいと思い、また東京の食材を使うことで地元の応援につながればという願いから、全てのメニューに東京の魅力を詰め込んだコースをご用意した」と話す。

 懐石コースでは8種類の献立を提供する。前菜は、ゆずこしょうを添えた「TOKYO Xの角煮」や、ズワイガニを載せた「江戸東京野菜新取菜のお浸し」、「べったら漬けと豆乳クリームチーズ エスプーマ」を提供する。温物は「東京納豆と東京たまごの茶わん蒸し めかぶ芥子(からし)ソース」、造りは、ワサビや梅肉などを添えた「江戸切子三種盛り」、煮物は「東京ビーフのくず煮 色目野菜」、焼き物は、白ネギ・ミョウガ・バターを添えた「江戸前銀鮭の大江戸甘味噌(みそ)焼」や「東京シャモつくねタレ焼」など3品を用意する。

 ほかにも、平湯葉で「大江戸生そば」を巻いて揚げ、とろろやナメコなどを添えて提供する揚げ物。すしは、八丈島の郷土料理「島寿司」やマグロ、トロタクとともに「大江戸甘味噌赤出汁(だし)」が付く。デザートは果物を添えた「東京牛乳のプリン カラメル」を用意する。

 高木さんは「『Tokyo Kaiseki』を召し上がりながら、東京にゆかりのある食材や食文化がたくさんあることを知ってほしい。当ホテルは東京のランドマークを見渡すロケーションにあるので、景色を眺めながら、あらためて東京の魅力を感じていただきたい」と話す。

 提供時間は17時30分~22時。要予約。サービス料別途。9月30日まで。

Stay at Home

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?