食べる 買う

赤坂・とらやでひな祭り向けの和菓子 店頭に華やかな商品並べる

「雛井籠」は(画像奥)「笑顔饅」、(手前左)「三種詰合せ」、(手前右)「花干菓子詰合せ」を5段まで好みに応じて重ねられる

「雛井籠」は(画像奥)「笑顔饅」、(手前左)「三種詰合せ」、(手前右)「花干菓子詰合せ」を5段まで好みに応じて重ねられる

  •  
  •  

 ひな祭り向けの和菓子を現在、赤坂の老舗和菓子店「とらや 赤坂店」(港区赤坂4、TEL 03-3408-4121)が期間限定で販売している。

ひな段に彩を添える「雛台」

 毎年ひな祭り向けの和菓子を販売する同店。今年も華やかな和菓子をそろえる。「小形ようかん3本入」(864円)は、小倉の「夜の梅」、黒砂糖入りの「おもかげ」、抹茶入り「新緑」をひな祭り限定の帯を巻いたパッケージで用意する。季節のようかん「雛衣(ひなごろも)」(1,944円)は黄、緑、紅、白、紫の5色でひな人形の衣装を5色のようかんで表現した。

[広告]

 「雛折(ひなおり)」(2,646円)は、練りようかんに道明寺かんを重ね、左近(さこん)のサクラと右近(うこん)の橘(たちばな)をあしらう。「雛台」(3,068円)は、小倉の「夜の梅」と黒砂糖入りの「おもかげ」の小形のようかんの2種類を竹皮で包み、秋田県産のスギの木で作った台に盛る。

 2月25日には生菓子などの販売も始める。「雛井籠(ひなせいろう)」(1段=1,944円~)は、菓子を詰め合わせた小箱を5段まで重ねることができる商品。小箱は、練切などの生菓子を3種類詰め合わせた「三種詰合せ」、こしあんを包んだ薯蕷(じょうよ)まんじゅうの「笑顔饅」、ツバキ、モモ、サクラの花をかたどった和三盆糖製の「花干菓子詰合せ」から選べる。

 とらや広報担当の黒川さゆりさんは「ひな祭りにちなんだお菓子は愛らしく華やかなものが多いので、目でも舌でもお楽しみいただきたい」と話す。

 営業時間は8時30分~19時(土曜・日曜・祝日は9時30分~18時)。3月3日まで。数量限定。無くなり次第終了。

SmartNews Awards 2019

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?