食べる 買う

ANAインターコンチで「ウイスキー福袋」 80万円超えの商品も

今回で16年目を迎える「福袋ウイスキーフェア」

今回で16年目を迎える「福袋ウイスキーフェア」

  •  
  •  

 「福袋ウイスキーフェア」を2020年1月1日、ANAインターコンチネンタルホテル東京内のメインバー「ダビンチ」が販売を始める。

58席を設けるメインバー「ダビンチ」の店内の様子

 毎年恒例の福袋として販売する同企画。今回で16年目を迎える。福袋で購入したウイスキーは、同店にボトルキープして楽しむことができる。例年特に高額で希少性のあるものが初日に完売することが多いという。

[広告]

 同店アシスタントマネジャーの清水勉さんは「年の初めの祝賀ムードを盛り上げるとともに、当店にボトルキープされているお客さまに日頃の感謝と、新たな年もご愛顧いただきたいという気持ちを込めて毎年開催している」と話す。

 今回は8段階の価格に応じたラインアップを用意する。2本が選べる福袋は5万5,000円、9万8,000円、16万5,000円の3商品。3本が選べるのは、7万5,000円、9万8,000円の2商品を用意する。35万円、88万8,000円は4本が選べる福袋で、28万円は6本が選べる。ウイスキーの銘柄は福袋らしく販売当日のお楽しみとなっている。

 今回最も高額な88万8,000円の福袋は限定1セットで、特に希少な年代物の日本のウイスキー4種類を含み、手に入りにくい銘柄の商品を用意する。設定金額も新年の縁起を担ぎ「八八八」の末広がりにしたという。

 清水さんは「当店は希少なウイスキーを取りそろえているのをはじめ、ピアノの生演奏やきめ細やかなテーブルサービスなど、くつろぎのひとときを届けるオーセンティックなバーとなっている。ビジネス、プライベートに関わらず、さまざまな場面で安心してご利用いただけるので、この機会にボトルキープを楽しんでほしい」と話す。

 販売は2020年1月1日17時~。営業時間は、2020年1月1日・土曜・日曜・祝日=17時~24時(平日は13時30~)。ボトルキープの初回登録料は2,100円。既に登録済みの人は加算不要。表示金額は税別。別途サービス料。ボトルキープはサービス料除く。1月15日まで。

SmartNews Awards 2019

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?