食べる

赤坂エクセルホテル東急にバーラウンジ ワンコインメニューも

木目調をベースにモダンな造りを意識したバーラウンジ(イメージ)

木目調をベースにモダンな造りを意識したバーラウンジ(イメージ)

  •  
  •  

 「赤坂スクエアダイニング バー&ラウンジ」が4月22日、赤坂エクセルホテル東急(千代田区永田町2、TEL 03-3580-2331)3階ロビーにオープンする。

赤坂エクセルホテル東急が40年以上提供しているオリジナルカクテル「ムーンライト赤坂」

 「和モダンと落ち着きのある空間」をコンセプトにした同店。席数は22席。デザインは格子をモチーフに、かつて武家屋敷や町屋が立ち並んだ赤坂の街並みと、現代のスタイリッシュな雰囲気を意識する。

[広告]

 メニューは、スパークリングワイン(1,129円)、赤・白ワイン(1,031円)、「サントリー ザ・プレミアム・モルツ」(1,280円)をはじめ、「ムーライト赤坂」「ジントニック」「マティーニ」(以上1,129円)などのカクテルをそろえる。コーヒー、紅茶、コーラなどのソフトドリンクも用意する。

 広報担当者の西條ゆかりさんは「『ムーライト赤坂』は、1973年(昭和48)年から当ホテルで提供しているオリジナルカクテル。ホテルの14階から見える丸い月と赤坂の夜景をイメージした作品で、バラとスミレの花びらのリキュール『パルフェタムール』を使い、華やかなバイオレットと月に見立てた食用の小菊で赤坂の夜空に光る十六夜の月を表現している」と話す。

 つまみは価格帯別に3種類を用意する。「鎌倉ハム」(500円)はビーフジャーキー、サラミ、ベーコンの3種類を用意する。1,000円のメニューの「大豆チョコ」は、抹茶・きなこ・ゴマの3種が付く。このほか、「みそ漬けトマトとみそ漬けカマンベール」「3種のオリーブマリネ」「ドライフルーツ」など。1,500円メニューは、「スペイン産ハモンセラーノ」をはじめ、ロブスター、クラブ、スモークサーモンから選べる「シーフードパテ」などを用意する。

 西條さんは「安らぎの中にも新しさや日本らしさ、おもてなしの心を感じていただける空間となっている。メニューも気軽にご利用いただけるような料金設定にしたので、一人2次会や電車待ちなど、いろいろな場面に使っていただきたい」と話す。

 営業時間は10時~24時。

  • はてなブックマークに追加

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?