食べる

赤坂の青果店「旬八」が野菜弁当 保存料不使用、無添加などにこだわる

野菜弁当は店頭で販売する

野菜弁当は店頭で販売する

  •  

 赤坂の青果店「旬八青果店」(港区赤坂3、TEL 03-6435-5224)が、「野菜弁当」の販売をはじめた。

旬の野菜をふんだんに使った「八百屋の平弁」

 現在販売している「野菜弁当」は、保存料不使用や無添加にこだわった同店オリジナルの弁当。広報担当の佐藤麻美さんは「弁当販売は以前から常連のお客さまを中心に多く要望をいただいていた。当店の弁当は『野菜がしっかり味わえる』ことをコンセプトに掲げ、調味には塩とオリーブオイルを中心に使ってシンプルに仕上げている」と話す。

[広告]

 販売するのは、「鶏の唐揚げ弁当」「鶏の塩麹漬け弁当」「鮭の幽庵焼き弁当」「鰯の甘露煮弁当」など5種類以上を常時用意する「八百屋の平弁」(550円)や、日替わりの「旬八丼」(500円)など。ほかにも、中に野菜を入れた「おいなりさん」(180円)、「八百屋のサラダ」(150~350円)、「旬ムージー」(200円)なども提供する。

 佐藤さんは「野菜豊富な弁当は値が張ることが多く敬遠されがち。そこで誰でも手軽に購入できる価格に設定した。野菜不足という人や野菜を美味しく食べたいという人に、ぜひ野菜本来の味を楽しんでほしい」と話す。

 販売時間は、11時~14時半(売り切れ次第終了)。平日のみ。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?