老舗の若旦那らが集う「赤坂ひよこクラブ」、赤坂の今をつづるブログ開設

赤坂の老舗若旦那が赤坂の魅力を伝えるブログ「赤坂ひよこ日記」のトップページ。

赤坂の老舗若旦那が赤坂の魅力を伝えるブログ「赤坂ひよこ日記」のトップページ。

  •  
  •  

 赤坂にある老舗の若旦那や店舗、住民などで結成した「赤坂ひよこクラブ」が4月15日、ブログ「赤坂ひよこ日記」を開設した。赤坂の街の魅力を伝えようと、同組織のメンバーが交代で赤坂の日々をつづる。

 現在、「赤坂ひよこクラブ」の代表を務めるのは「TAILOR & CLOTHS」(港区赤坂5)三代目の隅谷彰宏さん。前代表のおかき店「赤坂柿山」(赤坂3)二代目の川合寛妥さんとともに赤坂を盛り上げようと2003年に結成。ホッピービバレッジ(赤坂2)副社長の石渡美奈さんや新しく赤坂で事業を始める企業の人たちもメンバーとして参加する。

[広告]

 これまでTBS(赤坂5)「オールスター感謝祭」と連携して「赤坂祭り」「赤坂チャレンジマラソン」を企画運営したほか、赤坂氷川神社と協力し江戸時代から続く「赤坂氷川山車」を復活させる活動を行い、赤坂の住民、飲食店関係者や企業を結んできた。

 そうした活動が一区切りしたことから、新たな取り組みとして「赤坂の魅力」を発信するブログを開設。「メンバーは約50人。ゴミ拾いなどのボランティア活動も行っており、参加者も少しずつ増えてきた。昔は赤坂にいれば、料亭や飲み屋の遊び方を上の人が教えてくれたもの。料亭文化やおもてなしの心、祭りなど、古き良き伝統などもブログを通して伝えていきたい」と川合さん。

 現在、赤坂の芸者文化を復活させるべく、老舗料亭と連携した企画も進めている。「正式に決まれば、ブログでお知らせするので、ぜひチェックしてもらえれば」(隅谷さん)。

  • はてなブックマークに追加

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?