天気予報

15

5

みん経トピックス

赤坂で130万円宿泊プラン赤坂のホテル無料スマホ導入

赤坂・豊川稲荷東京別院が限定の新柄ご朱印帳 年始には干支の戌柄も発売

赤坂・豊川稲荷東京別院が限定の新柄ご朱印帳 年始には干支の戌柄も発売

新柄「蔦」の御朱印帳を手にする販売員の女性

写真を拡大 地図を拡大

 赤坂の豊川稲荷東京別院(港区元赤坂1、TEL 03-3408-3414)が現在、秋限定の御朱印帳「蔦(赤、青)」を販売している。

新柄「蔦」の御朱印帳は赤と青の2色展開

 2013年2月よりオリジナルの御朱印帳の販売を始めた同寺。200年以上の歴史をもつ東京・日本橋の老舗和紙舗「榛原(はいばら)」の和紙を使用し、定番の4種に加え、1、2カ月ペースで限定デザインの御朱印帳を制作している。9月1日に発売した「絞り(赤)」「重陽(黄色)」に引き続き、先月、今年の秋柄第2弾となる「蔦(赤、青)」(共に1,500円)を発売した。

 同寺職員の女性は「前回に引き続き秋らしい柄を用意した。今回はご年配の方も気軽に手にとってもらえるよう、小ぶりの柄を選んだ」と説明する。「蔦(赤、青)」は各色300部を用意する。

 また同寺では年始に向け、干支の戌(いぬ)柄のご朱印帳の準備も進めている。「今年の正月に販売した酉(とり)柄はあっという間に売り切れてしまったため、今回も入手したい方はぜひお早めに足を運んでいただきたい。時期は未定だが、これまで人気があった3種の柄の再販も近々予定している」と話す。

 御朱印代別途300円。販売は同寺窓口のみ。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

迎賓館赤坂離宮の正面玄関ホール(提供=内閣府迎賓館)
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

アクセスランキング