天気予報

20

12

みん経トピックス

アークヒルズで音楽週間赤坂で安納イモスイーツ

赤坂にガストロパブ&スポーツバー「ザ パブリック レッド アカサカ」

赤坂にガストロパブ&スポーツバー「ザ パブリック レッド アカサカ」

「ザ パブリック レッド アカサカ」外観パース

写真を拡大 地図を拡大

 赤坂にガストロパブ&スポーツバー「ザ パブリック レッド アカサカ」(港区赤坂3、TEL 03-5545-3953)が10月12日、オープンする。運営はDDグループ株式会社バグース(港区)。

「ザ パブリック レッド アカサカ」内観パース

 レストランとバーを兼ねたイギリス発祥の飲食店「ガストロパブ」とスポーツ観戦バーという2つのコンセプトを掲げる同店。昨年8月、六本木にオープンしたガストロパブ&スポーツバー「ザ パブリック シックス」に続き、ブランド2号店としてオープンする。

 赤坂に2号店を構えた理由について、店舗広報部の中田紫野さんは「赤坂には日枝神社をはじめとした歴史ある神社やテレビ局・シアターなどの観光名所もあり、六本木と同様に訪日外国人が多い。2020年に向けてより一層、外国人比率が増加していくことを見込み、『THE PUBLIC』ブランドがマッチする場所として出店した」と話す。

 フードメニューは「長野県産ロメインレタスと黒胡椒のグリルドシーザーサラダ」(1,296円)、「真鱈のフィッシュ&チップス」(1,512円)「US リブアイロールグリル 淡路島玉ねぎソース」(3,024円)など、国産の食材にこだわり全45種揃える。ドリンクメニューはブランドオリジナルのクラフトビール「PUBLIC エール」を始め、国産のクラフトビールや国産食材を使用したシグネチャーカクテル、日本酒、国産ワインを用意する。

 インテリアデザインはグラマラス(港区)の森田恭通さんが手がける。エントランスには高さ7メートルのゲートを配置し、バーカウンターには鹿の剥製を飾る。

 中田さんは「当店の上層階には、ザ・センチュリオンホテルが同時期に新規オープンするため、宿泊される国内外のお客さまにとっても居心地のよい場所を提供し、様々なリクエストにフレキシブルに応対できるようフレンドリーでホスピタリティの高いサービスを心掛けたい」と話す。

 営業時間は月~土曜=17時~翌5時、日曜・祝日=17時~翌3時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

「ぜひ一度高知の餃子を味わってほしい」と話す店主の小野誠幸さん
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

アクセスランキング