天気予報

20

12

みん経トピックス

紀尾井町に「あつた蓬莱軒」アークヒルズで音楽週間

とらやが期間限定でようかん入りのトートバック 歴史ある「躍動する虎」をデザイン

とらやが期間限定でようかん入りのトートバック 歴史ある「躍動する虎」をデザイン

期間限定で販売する「あずきピクニック 小形ようかん・あずき茶セット」

写真を拡大 地図を拡大

 赤坂の老舗和菓子店「とらや」の「とらや 東急プラザ赤坂店」(千代田区永田町2、TEL 03-6457-9784)が10月6日、企画「食べて 知って 広がる ようかんの世界」を始める。

同店のようかんをモチーフにデザインした帯を巻いた「小形ようかん3本入」

 同企画の趣旨を、広報担当の奥野容子さんは「気軽にようかんを楽しみながら、その魅力を知ってほしいと思い企画した」と話す。開催期間中は限定商品を販売する。

 「あずきピクニック 小形ようかん・あずき茶セット」(3,240円)は、「ようかんを持って気軽にピクニックに出かけて欲しい」と考案した商品。付属する帆布製のトートバックは、重いようかんを入れても持ちやすく、自立するように仕立てた。絵柄は、江戸時代後期につくられた、雛菓子を入れる重箱である雛井籠(ひなせいろう)に描かれた金蒔絵の「躍動する虎」を採用。バックの中には小形ようかんの黒砂糖、抹茶、蜂蜜、紅茶が各1本と小倉2本の6本セットを入れるほか、小豆を炊く時に出る「しぶ」の栄養分をそのままに飲みやすく抽出した無糖の「あずき茶」も2本入れる。

 ほかにも、小形ようかんの小倉の「夜の梅」、黒砂糖の「おもかげ」、抹茶の「新緑」をセットにして、同店のようかんをモチーフにデザインした帯を巻いた「小形ようかん3本入」(864円)も販売する。

 「ようかんは特別なときに食べるという方も多いかもしれないが、トートバッグのセットはもっと気軽にようかんを楽しんでほしいと思い考案した商品。ピクニックにぴったりのこの季節、トートバッグを持って『あずきピクニック』に出かけていただきたい。バッグにはマチもあるので、ようかんを食べ終わったあとは弁当箱を入れるなど、自由に使ってほしい」と奥野さん。「10月初旬より当社の公式ホームページ上に特設サイトを設け、ようかんにちなんだクイズや秋ならではのようかんを紹介しているので、ぜひアクセスしてほしい」と話す。

 営業時間は10時~19時(土曜・日曜・祝日は17時30分まで)。東急プラザ赤坂店、東京ミッドタウン店、元赤坂一丁目店、銀座店、日本橋店、帝国ホテル店、TORAYA TOKYOなどで取り扱う。数量限定。なくなり次第終了。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

「ぜひ一度高知の餃子を味わってほしい」と話す店主の小野誠幸さん
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

アクセスランキング