食べる

ピエール・ガニェールが日替わりランチメニュー、ANAインターコンチで

ある日のカルト・ブランシュでの料理の一例

ある日のカルト・ブランシュでの料理の一例

  • 0

  •  

 ANAインターコンチネンタルホテル東京(港区赤坂1、TEL 03-3505-1111)内のレストラン「ピエール・ガニェール」が2月4日、新たなランチメニューの提供を始めた。

[広告]

 同店は、3つ星シェフのピエール・ガニェールさんがプロデュースする現代風のフランス料理店。ピエール・ガニェールさんならではのサプライズメニューを出したいとの思いから考案された「カルト・ブランシュ」(4,500円)はシェフおまかせの日替わりランチメニュー。朝一に仕入れた新鮮な食材を昼に提供するという意味があり、同店でもその日に入荷した食材を使って料理を提供するため、2度と同じメニューを味わうことができないという。

 同店では、食事へのプロローグとして前菜の前にフェッテと呼ばれるフィンガーフードを提供しており、「カルト・ブランシュ」には、フェッテ、前菜、日替わりのメーンディッシュ、小菓子、デザート1品にコーヒーが付く。ほかにも、品数別に選べるランチコース「セゾン」(5,800円~1万円)、「マルシェ」(7,000円~1万2,500円)なども用意する。

 広報担当の森さんは「ピエール・ガニェールでカルト・ブランシュを毎日提供するという試みは、ここ日本店が初めて。その日だけしか出合えないカルト・ブランシュを、ぜひ赤坂かいわいの皆さまに味わっていただければ」と話す。

ランチの営業時間は12時~14時。サービス料別。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース