赤坂のマクロビ料理店「小鉢や」が移転リニューアル-健康、食でサポート

「自然栽培野菜カフェ 小鉢や」店内。カウンター内は店主の柴田さん

「自然栽培野菜カフェ 小鉢や」店内。カウンター内は店主の柴田さん

  • 0

  •  

 赤坂のマクロビオティック料理専門店「自然栽培野菜カフェ 小鉢や」(港区赤坂5、TEL 03-3584-0002)が3月25日、移転リニューアルした。店舗面積は約59平方メートル、席数は20席。

9品のマクロビ料理が楽しめるプレート料理

[広告]

 乳製品、砂糖、卵、肉、魚を使わないマクロビオティックにこだわり、自然栽培野菜と自然調味料で作る料理を提供する同店。野菜だけでメニューを作り、基本動物ダシは使わない。

 店を営業するのはマクロビオティックインストラクターの柴田有理子さん。9年前、円通寺通りに同店をオープンし、3年前から山王下で店を営業していた。マクロビとの出合いは母親の病気を食べ物の力で何とできないかと模索していたことがきっかけだという。「こだわりの野菜をたくさん食べていただき、健康を食でサポートできれば」と柴田さん。

 メニューは、「野菜の豆乳グラタン」(1,180円)、「グリル野菜」(1,400円)、「キーマ風野菜カレー」「玄米ガーリック焼き飯」(以上1,280円)、「玄米海苔おにぎりセット」(1,100円)など。

 いろいろな料理が楽しめるプレート、ミニ玄米ご飯、みそ汁、アルコール1品が付いた「ディナープレート」(2,500円)、大豆ミートを使ったユーリンチー、酢豚、空揚げ、チンジャオロースなども用意する。

 グリーンサラダ食べ放題のランチは、日替わりで9品の料理を載せるプレートセット「炊き立て玄米ご飯のランチ」(1,200円)、「野菜キーマ風カレー(玄米ご飯)」(1,100円)を提供。そのほか、弁当の予約販売や、料理教室も行なっているという。

 「体は食べ物からできているので、食べるものを変えれば体も変わる。マクロビは便秘解消や美肌効果、ダイエットなども期待できる」と柴田さん。「素材にこだわっているので値段は少し割高になるが、週に1~2回来ていただきマクロビ料理を食べて、体の変化を感じてほしい」とも。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時、ディナー=17時30分~22時。日曜・祝日定休。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース