赤坂にコンセプトカフェ&バー「アンドロイドルカフェ」-ステージパフォーマンスも

妖精型のピコさん(左)、妹&JK型のみうさん(中央)、アリス型のミアリスさん(右)

妖精型のピコさん(左)、妹&JK型のみうさん(中央)、アリス型のミアリスさん(右)

  •  
  •  

 赤坂に2月16日、コンセプトカフェ&バー「アンドロイドルカフェ」(港区赤坂3)がオープンした。

アンドロイドルの集合写真

 未来の「アンドロイドアイドル(アンドロイドル)」を現代でもはやらせようと未来から送り込まれた女性アンドロイドたちが働くという設定の同店。アンドロイドは感情がないので、客が「ドクター」となり彼女たちとコミュニケーションをとることで心を「プログラミング」し、プロデュースする感覚を楽しめるという。

[広告]

 運営はキョウデンエリアネット(同)。同社が運営する「赤坂元気劇場」のアイドルライブの熱気を見て、「アキバ・中野の文化を東京の中心・赤坂でもアンテナとして発信できれば」と店を開いた。

 店舗面積は約100坪で席数は63席。店内に設置されたステージでは1日3~4回、アンドロイドやゲストアイドルがライブパフォーマンスを披露する。キャストの中からメジャーデビューを目指すアンドロイドルユニットも展開していく予定。

 在籍するアンドロイドルは約10体で、アンドロイドだが普段は高校に通っている「JK型」、メード喫茶のようなサービスに精通する「萌え萌えキュン型」、普段はツンツンしているが仲良くなるとデレデレする「ツンデレ型」や、「妹型」「ナース型」「妖精型」「アリス型」「黒ねこ型」などさまざなタイプが在籍。

 周辺で働くビジネスマンや外国人も気軽に来店できるようアルコールメニューをそろえ、「普通のバーとしても楽しめるようにした」と同店プロデューサーの吉田さん。

 料金は飲み放題込みで20分1,000円。飲み放題メニューにはソフトドリンクのほか、生ビール、ワイン、焼酎、ウイスキー、カクテル、日本酒などを用意。外国のボトルビールやシャンパンなど別途料金のメニューも用意する。

 フードは「ポテトサラダ(明太ソース)」(500円)、「フライドチキン」(700円)、「オムライス+タンドリチキンプレート」(1,300円)などを用意し、アンドロイドにちなんだメニューも提供していくという。

 今後はアイドルのイベントや、交流パーティー、生誕祭なども企画していく予定。「クールジャパンのエンターテインメントを東京の中心赤坂から発信していければ」とも。

 「アンドロイドの心を上手に育てる方法は、いっぱい話して仲良くなること。ドクターだけのアンドロイド攻略法を見つけていただければ」とアリス型アンドロイドのミアリスさん。

 営業時間は17時~24時(土曜・日曜・祝日は12時~)。

  • はてなブックマークに追加

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?