天気予報

29

21

みん経トピックス

オータニで優勝カクテル提供赤坂で幼児向けコンサート

国会図書館、ネット閲覧1位は「エロエロ草紙」-昭和5年の発禁本

国会図書館、ネット閲覧1位は「エロエロ草紙」-昭和5年の発禁本

1930(昭和5)年に発禁処分を受けた「エロエロ草紙」。当時の文化に関する貴重な資料となっている(出典:国立国会図書館デジタル化資料より)

写真を拡大 地図を拡大

 国立国会図書館(千代田区永田町1)がインターネット上で公開する「デジタル化資料」約41万点のうち、1930(昭和5)年に発禁処分を受けた書籍「エロエロ草紙」が高いアクセス数を記録している。

「エロエロ草紙」の表紙

 収蔵する資料や書籍のデジタル化を進める同館では現在、210万点を超えるデジタル化資料のうち、約41万点をネット上で公開している。「官報」の創刊号といった貴重資料のほか、江戸期以前の和古書、清代以前の漢籍などの古典籍、一部の博士論文なども含まれる。

 「エロエロ草紙」は1930(昭和5)年11月に出版されるはずが、「公序良俗を乱す」との理由で製本中に発禁処分を受けたいわく付きの書。昭和初期に流行した「エログロ・ナンセンス文化」を当時の雰囲気を伝えるイラストとともに紹介している。著者の酒井潔は西洋文化に造詣が深く、多数の翻訳書も残している。

 9月9日現在、アクセス数ランキングは1位(1万4978アクセス)。2位の「最近朝鮮事情」(5339アクセス)に比べ倍以上の人が閲覧している。

 同資料の人気の高さについて、同館広報担当者は「6月ごろにどなたかがツイッターなどで広めたようだ。特に宣伝しているわけではないので驚いている」と話す。

 資料は同館ホームページで閲覧できる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

カウンター席は座った際にシャンパングラスがライトアップされる演出も施す
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

アクセスランキング