食べる

赤坂の青果店が砂糖や水をほとんど使わないフレッシュジュース-口コミで話題に

社長の石部さん(左)。店内には、旬のフルーツや野菜を搾ったフレッシュジュースが並ぶ

社長の石部さん(左)。店内には、旬のフルーツや野菜を搾ったフレッシュジュースが並ぶ

  •  

 赤坂の一ツ木通りにある青果店「不二越果実店」(港区赤坂4、TEL 03-3585-6280)のフレッシュジュースが話題を集めている。

 もともと新橋にあった同店は昨年10月、赤坂に移転オープン。ジュースについて、社長の石部俊一さんは「水や砂糖をほとんど使っていない。果物をそのまま食べているような、素材のおいしさを十分に生かした飲み味を研究している」と話す。

[広告]

 メニューは、パイナップル、オレンジ、グレープフルーツに、小松菜セロリとロイヤルゼリーが入った「特別スペシャルジュース」(390円)や、ニンジン1本にリンゴとオレンジ、レモンの半身を搾った「ニンジン生絞り」(360円)など。ほかにも有機栽培のアボカドに濃厚なミルクを入れたアボカドジュースや、ステビア農法で生産されたイチゴを使ったジュースなど、季節に応じたフレッシュジュースをそろえる。

 「一度飲んだ人は必ずまた来てくれる。栄養たっぷりのジュースを飲んで、お通じが良くなった、風邪が治ったというお客さんもいる」と石部さん。「寒い冬でも1日50杯は出る。宣伝は一切していないので、口コミで広がっていった。利益を追求せず、おいしさを提供することだけを一番に考えている」とも。

 営業時間は11時~21時(土曜のみ19時まで)。日曜・祝日定休。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?