食べる

永田町のホテルで日本酒飲み比べ-山口の蔵元が「獺祭の会」

昨年行われた「山口獺祭の会」の様子

昨年行われた「山口獺祭の会」の様子

  •  
  •  

 永田町の都市センターホテル(千代田区平河町2、TEL03-3265-8211)で2月18日から、日本酒を試飲する「東京獺祭の会」が開催される。主催は旭酒造(山口県岩国市)。

 旭酒造は、日本酒「獺祭」(だっさい)の純米大吟醸だけを製造する蔵元。「酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を求めて」という方針の下酒造りに励んだ結果、特に海外セレブの間で人気を得ることに成功。全国日本酒の口コミ・評価サイト「日本酒物語」の人気ランキングでも1位を獲得するなど評価が高い。

[広告]

 「自社で保有している田んぼで栽培した山田錦を168時間かけて精米し、日本最高水準の精米歩合23%の純米大吟醸を作るなど、ずっと消費者の目線で酒造りを続けてきた。最近ではシャンパン以上に発泡性がある日本酒のスパークリングや、燗酒に適した醸造を施した純米大吟醸なども製造している」と旭酒造常務取締役の桜井一宏さん。「今回は立食パーティ形式で、獺祭の全アイテムを持参する。ぜひ今年の新酒の仕上がり具合を試してほしい」とも。

 開催は、2月18日・19日=18時半~20時半、20日=15時半~17時半。会費は1人4000円。

  • はてなブックマークに追加

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?