食べる 見る・遊ぶ 学ぶ・知る

東京ガーデンテラス紀尾井町で夏企画「KIOI STAR PARTY」 星空観望会など

星空観望会(過去の様子)

星空観望会(過去の様子)

  • 0

  •  

 企画「KIOI STAR PARTY」が7月16日、東京ガーデンテラス紀尾井町(千代田区紀尾井町1)で始まる。

弁慶濠沿いのテラスの小道のイルミネーション「KIOI 光の天の川」(イメージ)

[広告]

 季節ごとにさまざま企画を行う同施設。今回は「星の見える街で大人の夕涼み」をテーマに、星に関するさまざまな企画を行う。東京ガーデンテラス事業推進部の瀬川千咲子さんは「当施設は都心に存在しているとは思えないほど豊かな自然に恵まれた環境で、日中だけでなく夜にも特別な魅力をもたらしてくれる。星空を眺めるための絶好の穴場スポットでもあるので、大切な人との絆を深める特別な夏を過ごしていただきたいと思い、大人の夕涼みが楽しめる『KIOI STAR PARTY』を企画した」と話す。

 7月17日は、「紀尾井町で天体望遠鏡をつくろう」(7,000円)を行う。国立天文台がプロデュースした「NAOJ組立式望遠鏡」を工作しながら望遠鏡の仕組みやレンズと光の関係、操作方法、望遠鏡の歴史などを学ぶ。講師は同望遠鏡を企画した同天文台の准教授である縣秀彦さんが担当する。

 7月29日には、「大人のための星空写真撮影講座」を開設。同日は「初級・星景写真の撮り方」を開催し、8月25日は「中級・赤道儀の使い方」(以上4,000円)を行う。

 8月4日は、紀尾井テラス3階の「空の広場」で「伝統的七夕の夜、浴衣で夏の星空を見よう」(500円)を開くほか、「KIOI STAR MARCHE」も開催し、星にちなんだステーショナリーやアクセサリーなどを販売する「宙(そら)グッズショップ」がオープンする。8月26日は「流れ星の科学 ~流れ星の作り方~」(一般=1,000円、Web=500円)を開催する。

 期間中、同施設の弁慶濠沿いのテラスの小道とウッドデッキでは、一部にグリーン電力を使った涼し気なイルミネーション「KIOI 光の天の川」を行うほか、館内の飲食店では星をテーマにしたメニューを展開。「万ん卯(う)」では、天の川に見立てた稲庭うどんに塩焼きした稚鮎を乗せた「稲庭うどんの天の川仕立て」(2,000円)、「すぱじろう」は、星に見立てたオクラをちりばめた「明太子とオクラ・納豆のすぱ」(1,298円)を提供する。特定日には紀尾井テラス1階「花の広場」に「KIOI STAR KITCHEN キッチンカー」が出店する。

 瀬川さんは「この夏は、当施設で星に関するさまざまなイベントや期間限定メニューと共に、都会の空に輝く星々を楽しんでほしい」と話す。

 イルミネーションの点灯時間は、テラスの小道=18時30分~23時(ウッドデッキ=21時まで)。イベントの開催場所と時間は各イベントにより異なる。要予約。定員に達し次第終了。店舗の営業時間は各店により異なる。8月31日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース