食べる 買う

「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」でクリスマスケーキ予約受け付け始まる

テディベアの「シュタイフ社」とコラボレーションした「Noel Steiff」

テディベアの「シュタイフ社」とコラボレーションした「Noel Steiff」

  • 1

  •  

 「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」(千代田区紀尾井町1、TEL 03-3234-1136)が10月1日、クリスマスケーキの販売予約受け付けを始めた。

ホワイトチョコレートを飾ったつやのあるミラーケーキ「Reflection」

[広告]

 例年趣向を凝らしたクリスマスケーキを販売する同ホテル。今年は6種類を用意する。同ホテル広報担当の中尾根由梨さんは「今年は、当ホテルが7月に開業5周年を迎えることができたという感謝の気持ちと、お客さまの笑顔をつなぎたいとの思いから、ホテルで親しみを持っていただいているキーワードの『テディベア』『アート』『「ビーガン』をテーマに考案した」と話す。

 「Noel Steiff(ノエル シュタイフ)」(2万2,000円)は、テディベアの「シュタイフ社」とコラボレーションしたケーキ。大きさは直径約18センチ×高さ約25センチ。イチゴのタルトケーキの上に、サンタクロースのブーツから顔をのぞかせたチョコレート製のテディベアやオーナメントをあしらったモミの木を飾る。

 「Reflection(リフレクション)」(1万円)は、同ホテルの各所に設置するアートをイメージして考案した、つやのあるミラーケーキ。大きさは直径約18センチ×高さ約12センチで、レアチーズケーキをベースに、カシスとフランボワーズのクリームとビスキュイピスタージュを挟みグラサージュ―ミラーで仕上げる。飾りのホワイトチョコレートは輝きが反射している様子をアートで表現したという。

 「Winter Wonderland~Vegan Cake~(ウインターワンダーランド~ヴィーガン ケーキ~)」(8,000円)は100パーセント植物由来のビーガンケーキ。大きさは直径約15センチ×高さ約13センチ。グルテンフリーで白砂糖を使わずフランボワーズといったフルーツで甘みを引き出しナチュラルな味わいに仕立てた。ケーキのスポンジにはバナナブレッドを使い豆乳クリームなどを重ね、クランベリーや抹茶とピスタチオのブリスボールなどをのせて冬の美しい森をイメージして仕上げる。

 チョコレート細工で作ったサンタクロースのお腹に木イチゴのジャムをアクセントにしたレアチーズのムースケーキを入れた「Santa Claus(サンタクロース)」(1万8,000)円、クリスマスカラーのチョコレート製オーナメントを飾った「King Chocolat(キングショコラ)」(6,000円)、イチゴ味のクリームで花をあしらったショートケーキの「Snow Beauty(スノービューティー)」(7,000円)も用意する。

 中尾根さんは「ご家族や大切な方と過ごす『おうちクリスマス』が笑顔であふれるようにとの思いを込めて用意した。目でお楽しみいただくと共に、パティシエこだわりのテイストを味わってほしい」と話す。

 数量限定。予約は受け取り日5日前まで。電話とネットで受け付ける。電話受付時間は10時~17時30分。予約受け付けは12月21日まで(準備数に達し次第終了)。ケーキ受け渡しは12月18日~25日。受け渡し時間は12時~20時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース