見る・遊ぶ

赤坂の「たまりBAR」が5周年 歌手の娘を応援するため開店

店主の小野みゆきさん(左)と娘で歌手のMAANAさん

店主の小野みゆきさん(左)と娘で歌手のMAANAさん

  • 0

  •  

 赤坂のカラオケバー「たまりBAR」(港区赤坂3、TEL 090-9756-7935)が6月で5周年を迎えた。

カラオケが楽しめる同店

 2016(平成28)年6月6日、札幌市出身の小野みゆきさんが開いた同店。店内にカラオケ機器を設け、客は時間無制限で利用できる。アルコールは北海道増毛町産の「国稀」などをそろえるほか、北海道の食材を使った料理なども提供する。

[広告]

 小野さんは地元千歳・恵庭で飲み屋を計20年以上経営していたが、歌手である娘のMAANAさんの活動をサポートするため、店を家族に任せて上京し同店を開いた。MAANAさんは10年以上前、歌手になるため14歳で単身上京し、16歳で作詞・作曲を始めた。2009(平成21)年からは倉木麻衣さんのコーラスとして活動し、その後は北海道日本ハムファイターズの応援歌を担当するなど歌手として幅広く活動している。

 当時について、小野さんは「娘の活動をサポートしたい一心で上京し店を開いた。周りから心配する声もたくさんあったが、音楽関係者や娘のファンがたくさん来店してくれて助かったし、ありがたかった」と振り返る。

 同店は今月5周年を迎えたが、新型コロナウイルスなどの影響から現在は営業していない。小野さんは「かつて、営業中に娘の仕事が決まったこともあったが、店を経営していて良かったと思えた。徐々に北海道出身のお客さまが来てくれるようになったこともうれしい」と話す。「赤坂の街はとても温かく、住んでいる人も良い人ばかりで居心地が良い。コロナ禍が収まったら、みんなで楽しい企画をたくさんしていきたい」とも。

 通常の営業時間は20時~翌5時(現在は不定期営業中)。チャージは3,000円。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース