見る・遊ぶ

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町に「おこもり」プラン 「フォトジェニックなおこもり」かなえる

部屋の窓枠を額縁に見立てバルーンでアートに仕立てたフォトスポット

部屋の窓枠を額縁に見立てバルーンでアートに仕立てたフォトスポット

  • 2

  •  

 「フォトジェニックなおこもり」をかなえる宿泊プランを現在、「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」(千代田区紀尾井町1、TEL 03-3234-1111)が受け付けている。

部屋に届く「オリジナルデザートプレート」(画像は2人用)

 1日1室限定で販売する「Dreamy Staycation」(4万8,778円)は、同ホテルとトラベルクリエーターのSAORIさんがコラボレーションした企画。部屋は42平方メートルの「デラックスツイン」と「デラックスキング」から選べる。

[広告]

 同プランでは、部屋の窓枠を額縁に見立て、スモーキーピンク色のバルーンを使いアートに仕立てたフォトスポットを用意するほか、同ホテルのパティシエとSAORIさんがフォトアイテムを意識して考案した2種類のメニューを部屋で提供する。到着後には、ベリーのグラスショートケーキやフレッシュベリーを盛り付けた「オリジナルデザートプレート」、朝は同ホテルの定番朝食メニュー「クロワッサンフレンチトースト」に季節のフルーツやミューズリーをかわいらしく盛り付けた物を届けるという。

 韓国のコスメブランド「Huxley(ハクスリー)」の「マスク;グローアンドブライトネス」は撮影も楽しめるナイトアイテムとして用意。インルームダイニングやレストラン、バーで利用できる5,000円分のチケットをチェックイン時に進呈する。

 新型コロナウイルス感染拡大防止策として、同ホテルでは衛生・消毒基準「Prince Safety Commitment」に基づき、客室には徹底した清掃と消毒が施された「Safetyシール」を入り口のドアに貼り、清掃・消毒後に入室者がいないことを明示し、安心して入室してもらえるような対策などを行う。

 同ホテル広報担当の金光善丈さんは「新しいジャンルとして『フォトジェニックなステイ』をテーマに、さまざまな旅行体験を発信するトラベルクリエーターのSAORIさんとコラボレーションすることで、女性の方にも楽しんでいただける新しいステイケーションの形を提案したいと思い企画した。当ホテルの特徴でもある地上約180メートルからの都心の眺望が広がるお部屋に、思わず撮影したくなるような、シェアしたくなるようなポイントを詰め込んだので、非日常感をご体感いただける当プランをお楽しみいただきたい」と話す。

 表示料金は1室2人利用時。チェックインは15時、チェックアウトは12時。要予約。予約は宿泊7日前の18時まで。2021年3月31日まで。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?