食べる

赤坂のバーがバナナジュース専門店「まがりDEバナナ」に 13時からの「遅ランチ」も

「バナナジュース ミディアムサイズ」(写真提供:谷田貝一也)

「バナナジュース ミディアムサイズ」(写真提供:谷田貝一也)

  • 8

  •  

 赤坂のバー「上京酒場 AKASAKA 滝の音(たきのね)」(港区赤坂4、TEL 03-5797-8777)が現在、バナナジュース専門店「まがりDEバナナ」として営業している。

「長崎平戸カレー」

 2月にオープンした同店。「上京する人が目指す場」をコンセプトに、ご当地メニューやアルコール、各種ドリンクなどを提供する。11月25日からは、渋谷や幡ヶ谷などを中心に出店を続けるバナナジュース専門店「まがりDEバナナ」の赤坂店として営業を始めた。

[広告]

 メニューは、「バナナジュース ミディアムサイズ」(500円)や「バナナジュース キリンサイズ」(600円)を揃え、「豆乳」「イチゴシロップ」「プロテイン」「ハチミツ」「チョコチップ」(各100円)のトッピングメニューも用意。イチゴとバナナの2種類のテイストが楽しめる「恋バナ」(800円)も提供する。

 同店では13時から提供する「遅ランチ」も用意。長崎のご当地メニューである「長崎平戸カレー」(1,200円)や、日替わりで提供する「生姜焼き丼」「ロコモコ丼」「タコライス」「ガパオライス」(以上700円)などがある。

 店主の小山田滝音さんは「バナナジュースは砂糖を使っておらず、健康を意識している人にぜひ一度飲んでもらいたい。遅ランチはランチタイムを外してゆったりと過ごしたい人や、仕事帰りにさくっと食事をとりたい人にぜひ利用してほしい」と話す。「電源とWi-Fiも完備しているので、普段カフェで仕事をしている人なども歓迎する。まずは気軽に立ち寄ってほしい」とも。

 現在の営業時間は12時30分~22時。

  • はてなブックマークに追加

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?