3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

紀尾井ホールが約半年ぶりに公演再開 「寄付1000円付きチケット」も

同公演を行う「紀尾井ホール」(C)鈴木豊

同公演を行う「紀尾井ホール」(C)鈴木豊

  • 115

  •  

 紀尾井ホール(千代田区紀尾井町6、TEL 03-3237-0061)が9月11日、公演を再開する。

バイオリニストの玉井菜採さん(C)ヒダキトモコ

 クラシック専用の紀尾井ホール800席と邦楽専用の紀尾井小ホール250席を備える同ホール。これまでも数々の著名な音楽家による公演などを主催してきた。

[広告]

 再開後初となる公演は、9月11日・12日の2日間で実施する「紀尾井ホール室内管弦楽団第123回定期演奏会」。席数は紀尾井ホールの座席を前後左右1席ずつ空けた400席を用意。チケットは定期会員へ優先的に販売し、残席があった場合のみ8月18日から一般販売を行う。当日券の販売はなく、同ホールウェブチケットでのみ取り扱う。

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴う出入国制限により、指揮者リチャード・トネッティさんの来日が困難となったため、内容を変更しての開催となる。公演は指揮なしで実施し、演奏は紀尾井ホール室内管弦楽団、コンサートマスターはバイオリニストの玉井菜採さんが務める。プログラムは、グリーグの「組曲・ホルベアの時代から」や、マーラーの「交響曲第10番~第1楽章 アダージョ(弦楽オーケストラ版)」など4曲を披露する。

 同ホール広報担当の遠藤初音さんは「当ホールは4月に開館25周年を迎えたが、3月以降全ての主催公演を自粛し、この度約半年ぶりに演奏会を開催する。政府や東京都のガイドラインに従って新型コロナウイルス感染予防対策を行い、来場される皆さまが安心してお過ごしいただけるように努める。再び生の音楽の素晴らしさを体感いただきたい」と話す。

 開演は、9月11日=19時、12日=14時。チケット料金は、S席=6,300円、A席=5,250円、B席=3,650円と、販売座席数制限による減収を補う取り組みの一環として「寄付1,000円付きチケット」のS席=7,300円、A席=6,250円、B席=4,650円を用意する。チケットは枚数に達し次第終了。

Stay at Home

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?