3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

ANAインターコンチでプール開き 今年はソーシャルディスタンスを確保して営業

ANAインターコンチネンタルホテル東京の「ガーデンプール」

ANAインターコンチネンタルホテル東京の「ガーデンプール」

  • 6

  •  

 ANAインターコンチネンタルホテル東京(港区赤坂1、TEL 03-3505-1111)の屋外プール「ガーデンプール」が7月1日、オープンした。

東京タワーが望めるライトアップされた「ガーデンプール」

 今年は「都会のオアシス」をテーマに、デッキチェアの配置を工夫して、プールサイドにゆとりを持たせ、ソーシャルディスタンスを確保した落ち着いた雰囲気での営業を心掛ける。

[広告]

 同プールは、全長20メートル×幅13メートルの屋外プールと、直径6メートル×水深40センチの円形幼児用プールを設ける。プール正面に見える東京タワーが点灯するころには、水中やプールサイドをライトアップする。水着(大人用=1,000円、子ども用=800円)やゴーグル(500円)の貸し出しも行う。月曜と火曜にはレディースデーを設けるほか、10枚つづりの回数券(5万円)の販売や、ホームページでの事前決済に限り一般入場料から2,000円を割り引く。滞在期間中、何度でもプールが利用できる宿泊プラン「サマースプラッシュ」(3万2,500円~)も用意する。

 プールサイドに併設する席数28席の「プールサイドスナック」では、「フィッシュ&チップス」(1,300円)、中国料理「花梨」の「冷やしそば」(2,000円)、「ザ・ステーキハウス」の「ザ・ステーキハウスバーガー」(1,800円)などのフードメニューを提供する。ドリンクは「生ビール」(1,000円)、「フローズンストロベリーダイキリ」(1,200円)などをそろえる。ドリンクのみプールサイドで飲料可。

 同ホテル広報担当者の森直美さんは「今年は新型コロナウイルス感染予防対策として、当ホテルズグループで新たに制定した衛生管理強化策『IHG Clean Promise』に沿い、営業前の徹底した清掃や施設内各所の定期的なアルコール消毒を行う。混雑を抑制するため入場者数をコントロールするなど、ソーシャルディスタンスを確保した運営を行うので安心してご利用いただきたい」と話す。

 プールの営業時間は7時~21時(8月9日除く日曜は20時まで)。一般客の入場料(バスタオルやビーチサンダル貸し出し含む)は、平日=1万円。平日の18時以降=7,000円。レディースデー=5,000円(18時以降は3,000円、8月10日・11日除く)。土曜・日曜・祝日・8月11日~14日=1万2,000円。子ども=5,000円。ホテル宿泊者=2,500円。5歳以下入場無料(ただし幼児用プールのみ利用可)。9月6日まで。

 プールサイドスナックの営業時間は11時30分~20時(日曜は19時まで) 。サービス料別途。9月6日まで。

Stay at Home

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?