3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

サントリーホールがオンラインコンテンツ公開 無観客公演のライブ動画など

サイトで配布している壁紙画像「サントリーホール 大ホール」

サイトで配布している壁紙画像「サントリーホール 大ホール」

  • 215

  •  

 自宅で音楽が楽しめる動画コンテンツ「ENJOY!MUSIC プログラム『2020特別編』」を現在、サントリーホール(港区赤坂1)がホームページで公開している。

サントリーホールのパイプオルガン(写真提供=サントリーホール)

 新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴い、多くの子どもや家族が外出を控え自宅で過ごす時間が増えている中、「家庭で楽しめるコンテンツを届けたい」と公開が始まった。

[広告]

 同サイトではカテゴリーごとにさまざまなコンテンツを用意。「新着動画」では、2月21日に開催した世界的バイオリニストのアンネ=ゾフィー・ムターさんによる日本初の室内楽公開マスタークラスの模様や、大ホールに設置するパイプオルガンの内部映像などを配信する。

 「ライブ配信」では、3月19日に開いた「サントリーホール オルガン プロムナード コンサート」無観客公演の模様を公開。ほかにもホール内をいろいろな角度から撮影した「ホール探検!」や、「おすすめ動画」「おすすめコラム」「サントリーホール オリジナル壁紙」も提供する。今後も世界の音楽家からのメッセージや演奏動画を随時更新する予定という。

 同ホール広報担当者の伊藤雅美さんは「国際的に活躍する指揮者の大野和士さんが参画した『港区&サントリーホールEnjoy!Musicプロジェクト』や、ファミリー向けのニューイヤー・コンサートといった主催公演をはじめ、東日本大震災復興支援活動『ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金』の5年間にわたる記録など、子どもから大人まで、あらゆる音楽経験者が好きな動画を選んで楽しめるようなラインアップをそろえた。チェリストでもある堤館長からのメッセージと演奏も紹介しているのでご覧いただきたい」と話す。

 「オンライン会議の背景にも使える壁紙画像は『大ホール』や小ホールの『ブルーローズ』など、数種類用意した。オンラインレッスンの背景として使えば一流アーティスト気分に、『ホワイエ』を背景にドレスアップすれば優雅に演奏会を聴きに来た気分も味わっていただけると思う。この状況が早く落ち着いて、また当ホールで生の演奏を楽しんでいただける日が訪れることを心から願っている」と話す。

Stay at Home

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?