見る・遊ぶ

アークヒルズで「さくらまつり」 ライトアップやグルメ屋台も

夕方からはライトアップされた幻想的な雰囲気の夜桜鑑賞ができる

夕方からはライトアップされた幻想的な雰囲気の夜桜鑑賞ができる

  •  
  •  

 「アークヒルズ さくらまつり2019」が4月5日、アークヒルズ(港区赤坂1)で始まる。

空を覆うように広がる桜のトンネルを楽しむことができる

 例年サクラの開花時期に合わせて開催する同イベント。同所は都内のサクラの名所として毎年多くの花見客が訪れる。敷地の外周を取り囲む桜坂やスペイン坂には、150本のソメイヨシノが約700メートルにわたって並び、空を覆うように桜のトンネルとなって広がる。その先に続く通りや近隣施設のサクラを合わせると約220本もの桜並木が全長約1キロメートルにもなる。17時~22時まではライトアップも実施する。

[広告]

 アーク・カラヤン広場には施設内の飲食店12店舗が「グルメ屋台」として出店。ラインアップは初出店となるチャンロイkaawの「トムヤムクンスープ」(600円)や、シュマッツ・ビア・ダイニングのポトフ「アイントプフ」(700円)のほか、北海道スープスタンドの「生ラムジンギスカン」(540円)、タコリッコの「チョリソー食べ比べセット」、バビーズニューヨークアークヒルズの「パストラミ チーズバーガー」(以上1,000円)などを揃える。

 期間中はさまざまイベントを開催する。春やサクラをテーマにした体験型ワークショップでは「和菓子みたいな可愛いバスボム作り体験」や、「さくらの花模様を入れた手すき和紙体験」(以上1,200円)を実施する。参加費無料の「春のガーデンたんけん」や、野鳥を散歩しながら観察する「春のバードウォッチング体験ツアー」、日本の伝統音楽の魅力をさまざまな楽曲で伝える「まちなかJapan」、和太鼓集団の「雅轟太鼓」、紙芝居屋「ちっち」なども行う。

 森ビルタウンマネジメント事業部の阪谷直樹さんは「今年もレストランの屋台限定メニューはもちろん、素足で上がれる芝生エリアなどもご用意する。緑豊かなルーフガーデンの限定公開などもお楽しみいただける。ぜひ年に一度のサクラの季節にお越しいただきたい」と話す。

 開催時間は4月5日=11時~20時、6日=10時~20時、7日=10時~19時。入場無料。雨天決行。荒天中止。イベントは日程により異なる。4月7日まで。

  • はてなブックマークに追加

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?