麻生自民党チャンネルのキャラクター「タロビ」人気に-麻生首相も対面

ニコニコ動画「麻生自民党チャンネル」の「タロビ」のイメージ画像

ニコニコ動画「麻生自民党チャンネル」の「タロビ」のイメージ画像

  •  

 自由民主党(本部=千代田区永田町1)のニコニコ動画内の公式チャンネル「麻生自民党チャンネル」のキャラクター「タロビ」の人気が上昇している。

 タロビはニコニコ動画のキャラクター「テレビちゃん」の顔を麻生首相の顔文字に似せたもの。動画の配信元である二ワンゴ(中央区)が「ユーザーがサイトに親しみを持てるように」と制作し、チャンネル開設時のタイトルバナーにタロビを使ったところ「かわいい」という声が急増。最初は特に名前を付けていなかったが、いつしか「タロウ」と「テレビ」をかけあわせた「タロビ」という名称がユーザー内で定着したという。

[広告]

 「タロビはクリスマスならサンタ帽をかぶったり、正月ならミカンを頭の上にデコレーションしたりと季節によって姿を変え、マイナーチェンジを頻繁に行ってきた。性格や性別など名前以外についてはまだ何も設定されていないため、ユーザー側がいろいろと各自でその詳細について想像して楽しめる余地が多いのもタロビ人気の理由」と自民党の広報担当者。

 こうした人気を受け、「麻生自民党チャンネル」を制作する自民党マルチメディア局(局長=新藤義孝衆議院議員)が麻生首相本人にタロビのぬいぐるみを紹介。「首相はタロビの存在を知らなかったようだが、対面時は自分に似たキャラクターを見てとても喜んでいた」といい、その時の様子は「麻生自民党チャンネル」で見ることができる。

 現在、タロビの商品化を望む声も持ち上がっており、自民党内ではキャラクターグッズの販売について検討している。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?