自民党、麻生首相の着ボイス案募集-動画サイトで呼び掛け

麻生太郎総理大臣の着ボイス案の募集を呼びかける新藤義孝衆議院議員。

麻生太郎総理大臣の着ボイス案の募集を呼びかける新藤義孝衆議院議員。

  •  
  •  

 自由民主党(本部=千代田区永田町1)は4月10日より、同党が運営するエンターテインメントサイト「LDPラボ」で麻生太郎総理大臣の着ボイス案を募集している。

 同党は公式携帯サイトで現在、「麻生太郎です、電話鳴ってんぞ」「麻生太郎です、メールが来たぞ」「麻生太郎です、モテたきゃ明るい顔をせにゃいかん」「麻生太郎です、おはようございます、今日も一生懸命働かにゃいかん」「麻生太郎です、日本には底力がある」「風雪大樹を育む、麻生太郎です」など、麻生太郎総理大臣の着ボイス6種類を配信している。

[広告]

 総理大臣の仕事が激務であるため、新しい着ボイスの配信ができずにいたが、「着ボイスを交信してほしい」との声が多く、その要望に応えるために麻生総理大臣の新しい着ボイス案を一般より募集。同党のマルチメディア局長である新藤義孝衆議院議員が自ら動画で募集を呼びかける。

 応募はYouTube内の自民党公式サイト「LDP Channel」と、「ニコニコ動画」内の「麻生自民党チャンネル」で配信している新藤衆議院議員による募集告知動画にコメントするかたちで受け付ける。

 「麻生総理大臣の仕事が激務であるためなかなか更新できずにいたが、できるだけ短い間隔で更新していけるようにしたい」と同党担当者。

 着ボイス案の応募受け付けは今月16日12時まで。

SmartNews Awards 2019

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?