3密を避けて新しい生活様式へ!

日枝神社で「山王祭」 稚児行列や納涼大会も

以前行われた「稚児行列」の模様

以前行われた「稚児行列」の模様

  • 0

  •  

 日枝神社(千代田区永田町2)で6月7日、「山王祭(さんのうまつり)」が始まる。

以前行われた「納涼大会 山王音頭」の模様

 京都の祇園祭、大阪の天満祭と並ぶ日本三大祭りの一つに数えられる同祭。神田祭、深川八幡祭と並ぶ江戸三大祭の一つにも数えられ、本祭は神田祭と隔年ごとに行われている。江戸時代には、みこしが江戸城内に入ることが特別に許されていたことから、歴代の将軍が上覧拝礼する「天下祭り」として隆盛をきわめたことでも知られている。

[広告]

 13日は、3歳~6歳の子どもが華やかな稚児装束を身にまとい心身共に健やかに育つことを願う「稚児行列 子どものまつり」や、境内に奉納ちょうちんを掲げ初心者でも楽しめる歌と踊りの「納涼大会 山王音頭」を行う。納涼大会は15日まで。

 14日は、茅(ち)の輪をくぐり災厄をはらい延命長寿と無病息災を祈る「山王御祓並鎮火祭」を行う。日枝神社奉賛青年会奉仕による「山王太鼓」や、ミニコンサート「にっぽんの歌」、「嘉祥(かじょう)祭菓子接待席」「煎茶礼道日泉流野煎席」など、さまざま奉祝行事も予定する。

 同神社広報担当の伊久さんは「本年は神幸祭(じんこうさい)やみこし渡御(とぎょ)のない年だが、境内では各種祭典を行う。東京の初夏を告げるお祭りにぜひお参りいただければ」と呼び掛ける。

 6月17日まで。

Stay at Home

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?