食べる

赤坂見附のミスチル・バーで「サケボム」-店主の彼女募集でメニュー化

同店の取材で来ていたケーブルテレビの戸室レポーターも「サケボム」を体験

同店の取材で来ていたケーブルテレビの戸室レポーターも「サケボム」を体験

  •  

 赤坂見附のミュージック&スポーツバー「Replay(リプレイ)」(港区赤坂3、TEL 03-5545-5296)が「サケボム」の提供を始めた。

ビールにおちょこが落ちる瞬間の様子

 「ミスチル」の愛称で親しまれる日本のロックバンド「Mr.Children」の大ファンで、ファン歴は20年以上という店主の吉田正廣さんが切り盛りする同店。店内のスクリーンには、ライブ映像やプロモーション・ビデオが流れ、いつの間にか同じミスチルのファン同士が集まるようになり、「ミスチル・バー」と呼ばれるようになったという。

[広告]

 同店では、さまざまなイベントを定期的に開いており、現在は5月24日からロードショーの濱田岳さん主演の映画「サケボム」の公開に合わせて、同名のドリンクメニュー「サケボム」(850円)の提供を始めた。

「サケボム」は、アメリカで始まったとされるビールの飲み方のこと。ビールが注がれたジョッキの上に箸を載せ、さらにその上に熱かんが入ったおちょこをセットした後、「サケボム、サケボム、サケボム、ボム」の掛け声に合わせてテーブルをたたき、熱かんの入ったおちょこをビールの中に落として飲むというアメリカ生まれのビールの飲み方。

「ミスチル好き同士の合コンイベントや、サッカー観戦イベントを行っているので、そういう場で盛り上がる飲み方だと思う」と吉田さん。「実は最近、彼女と別れたばかりで、住む家がなく、店に寝泊まりしている。サケボムの豪快な飲み方で景気付けをして、早く新しい彼女を作るために企画した」とも。

 営業時間は19時~翌3時。日曜・祝日定休。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?