天気予報

32

26

みん経トピックス

赤坂の日枝神社で七五三詣赤坂にドイツワイン専門バー

赤坂にバー「コードネーム・ミクソロジー・アカサカ」-液体窒素使ったカクテル提供

  • 0
赤坂にバー「コードネーム・ミクソロジー・アカサカ」-液体窒素使ったカクテル提供

特殊なスモークマシンで作ったカクテル

写真を拡大 地図を拡大

 赤坂に10月11日、バー「CODENAME MIXOLOGY AKASAKA(コードネーム・ミクソロジー・アカサカ)」(港区赤坂3、TEL 03-6459-1129)がオープンした。運営はSPIRITS & SHARING(中央区)。

特殊なスモークマシンで作ったカクテル

 ミクソロジーとは「mix」(混ぜる)と「~logy」(~論)を合わせた造語で、フレッシュフルーツ、野菜、ハーブなどを自由に組み合わせたロンドン発祥のカクテルのこと。バーナーで素材を炙(あぶ)るなど料理の手法を用いることで、通常のカクテルレシピとは異なる味わいを演出する。同店では液体窒素で凍らせたフローズンカクテルなどを提供する。

 ドリンクは、自家製ブラックトリュフウオツカを使用した「ブラックトリュフ&アップルコンポート」(1,400円)や、グレープフルーツ・蜂蜜・シナモンなどを配合したエスプーマ(ムース状の泡)を使用した「エスプーマ・スプモーニ」(1,200円)、グラスに入れたまま冷凍庫で凍らせたジンとライムを使用した「フリーズ・ジントニック」(1,000円)などをそろえる。

 フードでは、「季節の旬野菜を使った絶品バーニャカウダ」(1,350円)、「モッツァレラブッフォラとトマトのカプレーゼ」(1,800円)、「サルシッチャとじゃが芋のジェノベーゼ」(1,300円)のほか、スペイン産イベリコ豚や自家製生地を使ったピザなどを用意する。

 同社社長の南雲主于三さんは都内のバー数店で修業した後に渡英。日々新たなバー文化が誕生する現地でミクソロジーに出合った。帰国後は東京八重洲に店を開き、赤坂店は2号店となる。

 「日本ではまだなじみの薄いミクソロジーカクテルを知っていただくきっかけになれば。食事も充実させているので、1軒目から来ていただけるようなバーを目指したい」と南雲さん。

 営業時間は18時~翌2時(月曜~木曜、土曜)、18時~翌4時(金曜)。日曜・祝日定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

レモングラスと粗挽き肉を煮詰め、パクチーや煮卵と混ぜて食べる「屋台飯」(1,178円)
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

アクセスランキング