特集

B級グルメ王・柳生九兵衛の「赤坂うまいもんめぐり・ぐるグルメ!」《第12回「まんぷくカリー24赤坂見附店」》

  • 0

  •  




●「まんぷくカリー24赤坂見附店」

(港区赤坂3、TEL03-6852-8054)




子供の頃から料理が大好きで「料理本
を見ては片っ端から作ってました」と笑う某女優似の美人オーナーさん。

 さまざまな人気店、有名店を食べ歩き、その上で「自分が本当に満足できるおいしいカレーを」と試行錯誤の末についに完成させました。「みなさまに喜んでいただきくて」と始めたこのお店は、場所やシステムが非常にユニーク。

店名を入れてmapサイトで検索してもなぜかお店がみつからない……。実はこの店、お昼限定の営業で、夜には「ほのか」という居酒屋さんが営業しているんです。









個室居酒屋の広い店内が、お昼は毎日年中無休でおかわり自由なバイキング形式のカレー専門店に早変わり! メインのメニューは「豚の角煮たっぷりカリー」(写真左上)「チーズ入りキーマカリー」(写真右上)。毎日朝7時頃から仕込みを始め、松阪牛や和牛、桜島どりなどの高級食材も惜しまずに投入。24種類以上のスパイスと合わせて手間ひまをかけて調理するカレールーは、一晩寝かせて翌日に提供されます。

 ワインで煮込んだ豚の角煮はあっさり味に仕込まれ、カレーとの相性はバッチリ。この角煮に衣を付け、オリーブオイルで揚げた「角煮カツ」(写真左)は、数量限定のサービスメニューです。もちろんこちらもおかわり自由ですが、かなり人気が高いので、まずはこれをゲットしておくべし。

挽肉たっぷりのキーマカリーは、日本人好みに食べやすくアレンジ。チーズが入ってコクと深みがある味わいを楽しめます。

 にんじんグラッセや野菜などの付け合わせやコーヒー、ウーロン茶などのドリンク類ももちろん、すべておかわり自由。5名以上から個室の予約もOKなので、気兼ねなく思う存分おかわりしながらランチを堪能できますよ。これで、な、なんと980円! そんなお値段が申し訳ないくらいのうまさと充実度に、きっと大満足間違いなしです。

 また、実はつけ麺好きでもあるというオーナーは、ランチタイムに同じ店内で、「ガッツリつけ麺赤坂見附店」もカレー店と同時に営業中。こちらでは、魚介系の醤油だれをベースに自慢のカレーを合わせ、名物の角煮をつけだれに入れた「特製カレーつけ麺」(1,100円、写真左)が人気です。




「まんぷくカリー24 赤坂見附店」
港区赤坂3-10-4赤坂月世界ビルB1
03-6852-8054
11:00~15:00(14:00L.O.)
無休

【関連リンク】

◇B級グルメ王・柳生九兵衛の「赤坂うまいもんめぐり・ぐるグルメ!」《第11回》「とんかつ 赤坂水野」(赤坂経済新聞)
http://akasaka.keizai.biz/column/39/

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース