プレスリリース

沼津御用邸記念公園開園50周年記念イベント~オープニングセレモニーとスペシャルトークショーの開催決定~

リリース発行企業:株式会社ポニーキャニオン

情報提供:

沼津市では、沼津御用邸記念公園の開園50周年を記念して、10月10日 (土) より11月22日 (日) までの44日間にわたり、さまざまなスペシャルイベントを開催します。期間中には、10日 (土) のオープニングセレモニーに加え、18日 (日) には沼津御用邸に所縁のある白洲 信哉(しらす しんや)氏と近衛 忠大(このえ ただひろ)氏を迎えたスペシャルトークショーの開催も決定しました。




大正天皇 (当時の皇太子) のご静養所が建設された明治26 (1893年) 以降、昭和天皇もお住まいになられた沼津御用邸。昭和44年 (1969年) には、御用邸としての役目を終え、翌年より沼津市管理のもと沼津御用邸記念公園として開園し、現在に至っています。開園50周年という節目を迎える本年は、多彩なイベントの開催を通し、沼津御用邸記念公園や沼津の歴史や魅力を紐解いていきます。是非この機会に、皇室に愛された、風光明媚なまち 沼津にお越しください。

沼津御用邸記念公園開園50周年イベント告知映像 公開!
沼津御用邸記念公園の開園50周年イベントの告知映像をYou Tubeにて公開。映像内では、44日間にわたり開催されるイベントをご紹介しています。 URL:https://youtu.be/PSCIV88UnPk

【オープニングセレモニー・スペシャルトークショー 開催詳細】
オープニングセレモニー
記念イベントのオープニングセレモニーとして、来賓を迎えての式典のほか、上皇陛下のご学友による講演や「草月流家元 勅使河原 茜、おもいをいける。」と題したいけばなの実演を行います。

開催日時:10月10日(土) 13:00 開演
会場:沼津市民文化センター 大ホール (住所/静岡県沼津市御幸町15-1)
内容:
第一部 沼津御用邸記念公園の歴史・上皇陛下の御学友による講演
第二部 「草月流家元 勅使河原 茜、おもいをいける。」
入場料:無料
申込方法:電子申請または電話にて申し込み
<電子申請> 下記の申込用サイトよりお申込ください。
https://www.shinsei.elg-front.jp/shizuoka2/uketsuke/form.do?id=1599719665765
<電話> 沼津市役所 産業振興部 観光戦略課 TEL:055-934-4747
*新型コロナウイルス感染症対策のため、座席数を定員の半数以下に制限しておりますので予めご了承ください。

スペシャルトークショー「御用邸語り ~ ゆかりの二人が伝える御用邸のあるまち・沼津~」
沼津御用邸の造営に貢献した川村純義伯爵の玄孫で、今年3月に沼津市長と対談を行った白洲 信哉氏と、沼津御用邸で生誕された元皇族・近衛 ?悠子(このえ やすこ)氏のご子息 近衛 忠大氏の特別対談を開催します。

開催日時:10月18日(日) 13:30 開演
会場:沼津御用邸記念公園 (住所/静岡県沼津市御幸町15-1)
入場料:無料
定員:先着30名*晴天・曇天の場合には、自由観覧席もご用意します。
申込方法:9月28日(月)より、電話にて申し込み
<電話> 沼津市役所 産業振興部 観光戦略課 TEL:055-934-4747
*対談の様子は、株式会社ポニーキャニオンのYou Tubeチャンネルにて、ライブ中継を行うとともに、編集を行い、後日配信を予定しています。
<株式会社ポニーキャニオンYou Tubeオフィシャルチャンネル>
https://www.youtube.com/channel/UCk0IUODXaAFr5gEFlZDbzmw

【登壇者紹介】



近衛忠大(このえ ただひろ)
1970年 東京生まれ。
公家であり五摂家筆頭・近衞家の長男として生まれながら、スイスで幼少期を過ごしたトリリンガル。
武蔵野美術大学卒業後、テレビ局やプロダクションにて、幅広い制作現場を経験。語学力をかわれ、国際的なプロジェクトに数多く関わる。さまざまな文化の違いを乗り越え、共通のゴールを目指す仕事を重ねた結果、「世界の中の日本」を強く意識するようになり、「文化とクリエイティブで世界の橋渡しとなる」ことを目指して、curioswitchを起業。

白洲信哉

白洲信哉
1965年東京都生まれ。細川護熙首相の公設秘書を経て、執筆活動に入る。その一方で日本文化の普及につとめ、書籍編集、デザインのほか、さまざまな文化イベントをプロデュースする。父方の祖父母は、白洲次郎・正子。母方の祖父は文芸評論家の小林秀雄。


株式会社ポニーキャニオンは、静岡県沼津市観光プロモーション 東京デスクであるとして沼津市のさまざまな情報を発信しています、本イベントでは、事業実行委員会のメンバーとしてクリエイティブ業務や、スペシャルトークイベントの企画・運営を行っています。記念すべき沼津御用邸記念公園の50周年事業のサポートを通し、皇室とゆかりの深い沼津御用邸記念公園及び沼津市の歴史や魅力を伝えていきます。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?