プレスリリース

ミラボ、兵庫県 丹波市で子育て支援アプリ「たんばし子育て応援ナビ」提供開始

リリース発行企業:株式会社ミラボ

情報提供:

自治体向けサービスを開発する株式会社ミラボ(本社:東京都千代田区、代表取締役:谷川一也、以下「ミラボ」)の子育て支援アプリ「子育てモバイル」が、兵庫県 丹波市に導入され、「たんばし子育て応援ナビ」として 提供を開始しました。



兵庫県 丹波市と子育て支援


兵庫県の中央東部に位置する丹波市は、360度雲海に包まれる美しき城跡「黒井城跡」や本州一低い中央分水界「水分れ公園」など、緑豊かで美しい自然にあふれたまちです。
丹波市では、基本理念に「みんなではぐくむ 子どもが夢をもっていきいきと輝く 丹(まごころ)の里」を掲げ、さまざまな子育て支援を実施しています。
2023年よりスタートした 妊娠中の方・ご出産された方に各5万円のデジタル地域通貨(たんばコイン)を支給する「出産準備・子育て応援給付金」、出産時に保護者へ10万円を交付する市独自の事業「丹波市ハッピーバース手当」(第3子以降50万円)「第2子以降の保育料無償化」、高校3年生までの医療費を助成する「乳幼児等・こども医療助成制度」、医療機関で母子のケアや子育てのサポートを行う「産後ケア事業」など、子育て世代の経済的・心理的負担を軽減し、安心して子育てができる取り組みを行っています。

子育て支援アプリ「子育てモバイル」導入の経緯


妊婦・子育て家庭に寄り添う「伴走型相談支援」のより一層の充実を図るため、兵庫県内8自治体でも取り入れられている 子育て支援アプリ「子育てモバイル」を導入する運びとなりました。丹波市オリジナルのデザインを施し、子育て支援アプリ「たんばし子育て応援ナビ」として提供いたします。
今後は、丹波市からのお知らせを月齢・年齢にあわせてタイムリーに受信できる「メール配信・プッシュ機能」、成長グラフや乳幼児健診の記録など母子手帳の内容をマイページに記録できる「電子母子手帳 機能」、予防接種漏れや接種間隔ミスを防ぐことができる「予防接種AIスケジューラー」、複数言語に対応する「多言語翻訳機能」など、ICTを活用した子育て世代への継続的なサポートを実現します。

「たんばし子育て応援ナビ」概要 


トップページには、丹波竜マスコットキャラクター「ちーたん」が登場。丹波市らしさが詰まった こだわりのデザインでお届けします。


・ダウンロード方法
アプリ名:たんばし子育て応援ナビ
配信日:2023年12月25日
対応OS:iOS 14.0以降、Android 4.4以上
App Store  :https://tamba.city-hc.jp/l/vcI8zm
Google Play :https://tamba.city-hc.jp/l/GrcU1e
ブラウザ版 :https://tamba.city-hc.jp/

・お問い合わせ先(丹波市にお住まいの方)
丹波市 健康課 TEL:0795-88-5750


兵庫県 丹波市からのコメント


兵庫県 丹波市 林 時彦 市長より


丹波市では「人と人、人と自然の創造的交流都市~みんなでつなぐ丹(まごころ)の里」を将来像に掲げ、「みんなで支え、育む生涯健康のまち」を目標にして、「子どもたちに帰ってこいよと言えるまちづくり」を目指しています。
この度、妊娠期からの子育て期までの切れ目のない支援の一環として、子育て支援アプリ「たんばし子育て応援ナビ」の運用を開始しました。多言語翻訳機能やメール配信・プッシュ通知機能を有し、電子母子手帳機能や予防接種AIスケジューラー、子育て支援情報など、ICTを活用し安心して子育てできるよう支援します。ぜひ、ご活用ください。

地域でつくるオリジナル子育て支援アプリ「子育てモバイル」


■ 概要
「子育てモバイル」は、電子母子手帳・子育て支援サービス・AI機能を組み合わせた、子育て支援アプリです。
ベースとなるアプリケーションに、必要な機能を選んで追加する機能カスタマイズや、オリジナルのカラーやイラストを使用したデザインカスタマイズが可能です。約300自治体への導入が予定されており、多くの子育て世代にご利用いただいております。

■ 特長
・自治体ごとのオリジナルデザイン&機能カスタマイズ
従来の母子健康手帳の表紙や中面をオリジナルデザインで制作するように、本アプリでも全体のテーマカラーや各機能のアイコン、イラストなどを自由にカスタマイズすることができます。アプリ自体の名称やアイコンも変更
可能なため、自治体独自のアプリとして、地域の皆様へご提供いただくことが出来ます。

・特許取得! 自動リマインド付き 予防接種AIスケジューラー
生年月日や各自治体の条件に合わせて、予防接種や健診スケジュールをオーダーメイドで作成することで、保護者の負担を軽減し、接種事故を防ぐことができます。接種日程や接種回数など途中変更があった場合も、自動調整システムでスケジュールが更新されるため、安心してご利用いただくことができます。

■ 主な機能(自治体により導入機能は一部異なります)
・電子母子手帳
・予防接種AIスケジューラー ※特許取得
・地域の子育て情報 掲載
・メール配信・プッシュ通知
・オンライン予約・受付
・離乳食サービス・アレルギーチェック ※特許取得
・医療機関検索
・子育て施設検索
・多言語翻訳(100言語以上)
・オンラインアンケート
・成人検診スケジューラー
(保護者の検診スケジュールも一緒に管理できます)
・その他オプション機能あり

■ 導入事例
以下より、導入自治体一覧および各自治体のオリジナルデザイン例をご覧いただけます。
https://mi-labo.co.jp/lg-users/

■ 子育て支援アプリ「子育てモバイル」導入を検討されている自治体様へ
個別説明会も随時実施しておりますので、お気軽にお問合せください。
・株式会社ミラボ 子育てモバイル担当 03-6821-8600
・WEBフォームからのお問い合わせはこちら
お問い合わせ:https://mi-labo.co.jp/inquiry/
資料請求  :https://mi-labo.co.jp/brochure/

株式会社 ミラボについて


ミラボの社名は「ミライ × labo(ラボ)」に由来します。「いまここにない未来を創造」し「社会に貢献する」ことを基本理念に、主に電子申請サービスや母子保健・福祉・医療・教育に関するDXサービスを展開しており、約300自治体のDX支援を行っております。
また、2022年12月 株式会社 Gakkenと共同で ジョイントベンチャー「hug Labo株式会社」を設立し、子育てクラウドサービス「hugmo」を運営。2023年2月「一般社団法人こどもDX推進協会」の設立に関わり、当社代表が理事を務めております。
 
【事業内容】
・子育てコンテンツ事業
約300自治体へ向けて子育て支援アプリ「子育てモバイル」を展開。日本初の予防接種AIスケジューラー(特許取得)、電子母子手帳、自治体窓口予約システム、乳幼児予防接種 デジタル予診票・乳幼児健診 デジタル問診票サービス等と連携して自治体DXを進めています。

・フォームデザイン事業:電子申請システム「+Focus」
内閣官房のマイナポータルに採用され、全国の自治体へ向けて マイナンバーカードによる自治体窓口電子申請を進めています。

・官公庁・自治体向けソリューション事業
「コロナワクチン接種記録システム」「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」など、官公庁・自治体のニーズにあったシステムを開発しています。

【会社概要】
・会社名:株式会社ミラボ
・所在地:東京都千代田区神田駿河台4-1-2 ステラお茶の水ビル8階
・代表者:代表取締役 谷川一也
・設 立:2013年12月
・企業HP:https://mi-labo.co.jp
 
*本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は一般に各社の商標または登録商標です。

  • はてなブックマークに追加

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース