食べる

赤坂の「チョコパスタ」話題に-店長のいたずらでメニュー生まれる

店長のいたずらで偶然生まれた新感覚スイーツパスタ。

店長のいたずらで偶然生まれた新感覚スイーツパスタ。

  • 0

  •  

 赤坂の生パスタ専門店「パストディオ」(港区赤坂2、TEL03-3584-2505)が9月1日から提供している秋の新作メニューが話題を集めている。

 メニューの内容は、「チョコレートパスタ」(990円)、「マロンとエビのクリームソース」、「キノコのデミグラスソース」(以上1,050円)、「キノコのリコッタチーズ」(990円)の4つ。中でも意外な組み合わせの「チョコレートパスタ」は客の興味を引き、同店の名物メニューになりつつあるという。

[広告]

 メニューが生まれた経緯について、オーナーの仙波賢也さんは「店長がいたずらして、料理長がウスターソースとチョコレートソースを間違えた結果できたパスタが意外においしかったのでメニュー化した」と話す。濃厚なカボチャクリームソースをかけた生パスタに、チョコレートソースをアレンジしたこのメニューは、「ほんのりチョコレートの風味もあり、スイーツ感覚のパスタに仕上がった」(仙波さん)。

 シェフの岸野光義さんは、イタリアの星付きレストランで修行し、国際グルメ・コンクール金賞を受賞した経験も。「東京で話題のイタリアンはたしかにおいしいが、価格が高く、気軽に食べることができないのが残念。ランチ、ディナーともに気軽にパスタを食べてもらえるように、リーズナブルな本格イタリアンを今後も提供していきたい」。

 営業時間は11時~23時30分。「チョコレートパスタ」を含む秋の新作メニューの提供期間は10月31日まで。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース