食べる

赤坂に干し芋カフェ「hossimo」 茨城県産「べにはるか」使う

(左から)「丸ごし干し芋」「平ごし干し芋」

(左から)「丸ごし干し芋」「平ごし干し芋」

  • 14

  •  

 赤坂のカフェ「hossimo」(港区赤坂6、TEL 03-6807-4824)がオープンして1カ月がたった。

「フラットホワイト」

[広告]

 「干し芋とコーヒーのマリアージュ」をコンセプトに、6月15日にオープンした同店。茨城県産の「べにはるか」を使った干し芋を提供する。店主の岡田美恵子さんは2015(平成27)年にオーストラリアへ渡航し、日本食専門スーパーなどに干し芋を卸していた。昨年帰国したタイミングで、「コーヒーに合う干し芋」を日本で広めたいと思いオープンに至った。

 メニューは、茨城県産の「べにはるか」を使った「平ごし干し芋」(250円)や「丸ごし干し芋」(350円)を提供する。ドリンクは、スチームミルクやエスプレッソを使った「フラットホワイト」(450円)などを用意した。

 岡田さんは「無農薬、無化学肥料の『べにはるか』を使っている。昔から干し芋が大好きでオーストラリア渡航時にも干し芋を持って行き、卸先のスーパーに並べたところたまたま購入者が多く現れ、フードショーにも出させていただいた」と話す。「フラットホワイトはオーストラリアではよく飲まれているが国内で提供している店は少なく、干し芋とコーヒーが合うことを知らない人もたくさんいる。干し芋好きやカフェ巡りをしている人はぜひ来店してもらいたい」とも。

 営業時間は8時~18時。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース