赤坂につけ麺専門店「三田製麺所」-極太麺と濃厚魚介スープが特徴

ラーメン激戦区の「赤坂」でファンをつかむことができるか注目の「三田製麺所」。

ラーメン激戦区の「赤坂」でファンをつかむことができるか注目の「三田製麺所」。

  •  
  •  

 つけ麺専門店「三田製麺所」(港区芝)は8月12日、同店の赤坂見附店(港区赤坂3、TEL 03-5545-3836)をオープンした。

 座席は1階がカウンターで16席、2階はゆっくり座れるテーブル席を33席用意。赤坂に通うビジネスマンから近隣に住む家族、中高年の夫婦、外国人など幅広い客層が店を訪れている。「開店した12日から5日間、開店半額キャンペーンを開催したが、お盆時期ということもありメインの客層がまだつかめていない」と同店の担当者。「赤坂という街のニーズに、自分たちの店が合うかどうか真剣勝負」とも。

[広告]

 同店は、うどんと見まがうような太めの自家製中華麺に、こってりとした魚介ベースのスープが特徴でファンも多い。こだわりの自家製麺はもっちりとした食感で、濃厚でとろみがあるスープにからまると、小麦の風味が増すように計算されている。「うどんと中華麺の一番の違いは『かん水』を使っているか使っていないか。よくお客さんに『これはうどんですか?』と聞かれるが、うちでは特別にブレンドした粉にかん水を混ぜて自家製麺を作っている」(担当者)。

 メニューは通常タイプと激辛タイプの2種類用意。「つけめん」は並=200g、中=300g、大=400gは700円。特大=500gは800円。通常タイプよりやや辛い「辛つけめん」は並、中、大=750円。特大=850円。

 営業時間は、11時~翌2時。年中無休。

  • はてなブックマークに追加

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?