食べる

赤坂サカスのカフェ&バル「kings cafe」にビーガン向け弁当 平日限定で販売

「エビマヨ風大豆ミート弁当」(画像左上)副菜の「自家製キムチ」(画像右下)副菜の「おしんこ」

「エビマヨ風大豆ミート弁当」(画像左上)副菜の「自家製キムチ」(画像右下)副菜の「おしんこ」

  • 3

  •  

 赤坂Bizタワーの「kings cafe 赤坂サカス店」(港区赤坂5、TEL 03-6277-8238)が現在、ビーガン向け弁当を販売している。

「ビーガンちらし寿司弁当」

 ハンバーガーをメインに、パスタや創作料理を提供する「カフェ&バル」として営業する同店。平日限定で販売するビーガン向け弁当のラインアップは5種類。日替わりで2~3種類を用意する。

[広告]

 メニューの「エビマヨ風大豆ミート弁当」は、大豆ミートやヤングコーン、オクラ、ネギなどの野菜を素揚げし、オリジナルエビマヨ風ソースで絡めたおかず、自家製キムチなどの日替わり副菜2品、もち米、黒豆、発芽玄米などが入った十五穀米を盛り込む。オリジナル照り焼き風ソースを使った「照り焼きビーガン弁当」や、オリジナル昆布ダシソースとおろし大根で仕上げた「大豆ミートのみぞれ煮弁当」も用意する。

 ほか、十五穀米の上に大豆ミートや、ニンジンとモヤシのナムルなどをのせた「ビビンバビーガン弁当」、パプリカ、トマト、オクラ、レンコン、ヤングコーンなどをのせた「ビーガンちらし寿司(ずし) 弁当」(以上800円)もそろえる。

 店長の青木浩介さんは「お客さまにアンケートを採った結果、一番要望が多かったのでビーガン向け弁当を販売しようと思った。洋食のビーガン料理は世の中たくさんあるという意見から、和食のビーガン料理があったらうれしいという意見もいただいた。肉料理であるハンバーガーとビーガンは相反する位置にいるが、ビーガンの方が何も気にすることなく、店選びができる世界になるようにと、メニューの半数をビーガンメニューにしていきたいとの思いから始めた」と話す。

 「まずは弁当を通じてあらゆるニーズに合う料理を開発し、徐々にメニュー化していこうという経緯からビーガン向け弁当をスタートさせた」とも。

 販売時間は11時~17時。準備数なくなり次第終了。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース