プレスリリース

すべての機能を全事業所で活用!ペーパーレス化を推進するスイミングスクールでの導入事例を公開

リリース発行企業:VISH株式会社

情報提供:

VISH株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:太田 信夫)は、自社が開発・提供する「バスキャッチ」スイミングスクール向け会員管理システムの導入事例として、マックスポーツ株式会社(本社:東京都国分寺市、代表取締役:近藤 雅宣)へのインタビューを公開いたしました。




2013年より東京都国分寺市、東京都日野市、神奈川県藤沢市、兵庫県尼崎市、兵庫県加古川市、大阪府堺市堺区、大阪府吹田市の7事業所で「バスキャッチ」を活用頂いているマックスポーツ株式会社 運営部長の小柴 昌弘氏にインタビューを行い、導入効果などお話しいただきました。

■現在、バスキャッチをどのように活用されていますか?
「会員の基本情報や利用状況を確認できるスクール管理機能、WEB振替・欠席連絡、メール配信、体験・入会申し込み、会費管理・口座引落、入退館チェックイン、バス位置情報配信・バス乗車メール、短期申し込み管理と、マックスポーツでは、バスキャッチのすべての機能を全7拠点、約1万4,000名の会員管理をバスキャッチで行っています。」

入退館チェックインではポイントを掲示する画面をつけて利用を促進している

■バスキャッチの導入効果、評価を教えてください。
◎事務作業の軽減
「バスの運行に対する問い合わせの電話がかなり減り、フロントで対応しているスタッフは、入会相談や説明といった接客に集中できる環境が整ったと思います。例えば、通行規制などでバスが遅れている場合、該当する会員にだけメールで知らせることが出来ます。以前は名簿から手作業で電話をしていたので、ずいぶんと作業が軽減されました。コーチも指導が終わった後で、事後処理的な作業がなくなり、その時間を指導スキルの向上に当てたり、プライベートの充実に活かせるようになったようです。バスキャッチ導入直後ですが、職員にアンケートをとったところ、1日の事務作業が1時間から1時間半減ったという結果が出ています。」

◎カスタマイズ費用が無料
「以前使用していたシステムはOSのバージョンアップがあると、その度に改修が必要になり、費用が発生しました。また、機能改修の要望を出しても、カスタマイズ費用が必要で、なかなか実行できていませんでした。バスキャッチの場合は、費用もかからないので、安心して使い続けることが出来ます。」

「すべての機能を全事業所で活用しています」と運営部長の小柴昌弘氏

■今後、どのようにバスキャッチを活用していく予定ですか?
「マックスポーツではペーパーレス化を推進しています。社内のミーティングでも、紙ではなくバスキャッチの画面を見ながら話ができるケースがずいぶんと増えました。スタッフの勤務形態は、シフト制ですので全員が一堂に会することはまずありません。それだけに、情報共有が大切になるのですが、バスキャッチは役立っていると思います。今後としては、事業所ごとだけではなく、すべての事業所の数字を集計して見られようになったらいいと考えています。例えば、昨日の入会者について、全社合計と事業所別と行った数字を見ることが出来るようになるなど、全社の経営的な判断や事業所ごとの指針などをバスキャッチを見ながら打ち合せが出来るといいですね。」

※グループ管理機能は開発中で、2019年中の提供開始を予定しています。

その他、詳しいインタビュー内容、店舗での具体的な活用事例については、導入事例ページをご覧ください。

マックスポーツ株式会社様導入事例https://www.buscatch.com/voice/mac/

■「バスキャッチ」スイミングスクール向け会員管理システムとは?
「バスキャッチ」とはVISH株式会社が開発・運営をしている送迎バス運行状況配信サービスです。2013年頃からスイミングスクール・フィットネスクラブの現場の皆様の声を反映した会員管理システムの提供を開始し、2019年10月23日時点で、全国472施設の導入実績があります。スマホからの欠席連絡、振替予約、メール配信、バス運行状況配信など、スイミングスクールに特化した便利な機能を、低価格で利用可能です。

URL: https://www.buscatch.com/solution/lesson/




■スイミングスクール向け会員管理システムでできること
・会員情報・クラス、進級処理などスクール管理機能
・スマホ・携帯からの振替/欠席連絡の自動受付
・お知らせ、緊急メールの一斉配信
・インターネットからの体験申し込み
・短期教室・イベント受付機能
・会費請求の口座引き落とし
・入退館チェックインメール
・店頭で商品の販売を行うPOSレジ機能
・GPSによるバス位置情報配信・接近遅延状況配信
・乗車を保護者へ連絡するバス乗車メール

■利用料金について
利用したい機能の内容によって料金は異なります。公式サイトの料金シミュレーションでは、電話相談・訪問営業を介さずに導入費用をひと目で把握することが可能ですので、是非ご利用下さい。個人情報の入力ももちろん必要ありません

料金シミュレーション: https://www.buscatch.com/solution/lesson/simulator/

■会社概要
会社名    : VISH株式会社(ヴィッシュ株式会社)
代表者    : 代表取締役 太田 信夫
本社所在地  : 愛知県名古屋市中区錦二丁目10番13号 SC錦ANNEX 5F
企業ページURL: http://www.vish.co.jp/
Facebook URL : https://www.facebook.com/vishinc/

  • はてなブックマークに追加

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?